沿革 > 会社沿革
セオ運輸グループ会社沿革
  • 平成以降
  • 沿革

    1934年昭和9年
    創始者妹尾清太郎が妹尾商事を発足し、株式会社クボタ尼崎工場(現阪神工場尼崎事業所)内貨物取扱い、沿岸荷役、及び製品加工を開始。
    1947年昭和22年
    株式会社クボタ武庫川製造所(現阪神工場武庫川事業所)内貨物取扱、沿岸荷役、及び製品加工を開始。
    1954年昭和29年
    一般貨物自動車運送事業の免許を受け妹尾商事より分離、妹尾運送株式会社を設立。
    株式会社クボタ尼崎工場(現阪神工場尼崎事業所)及び株式会社クボタ武庫川製造所(現阪神工場武庫川事業所)の製品運搬を開始。
    1963年昭和38年
    株式会社クボタ新淀川原料センターの製品運搬開始。
    1969年昭和44年
    妹尾運輸株式会社と改称。妹尾 隆 代表取締役に就任。
    1973年昭和48年
    妹尾運輸(株)、妹尾商事(株) 産業廃棄物収集運搬開始。
    (兵庫県、尼崎市、神戸市、西宮市、大阪府、大阪市、堺市、三重県)
    1979年昭和54年
    妹尾商事(株)内航海運取扱開始。
    1981年昭和56年
    妹尾商事(株)海上貨物取扱開始。株式会社セオモータース設立(現セオ商事整備部)
    1988年昭和63年
    セオ運輸株式会社、セオ商事株式会社に改称。
    1992年平成4年
    セオ商事(株)一般港湾運送業及び港湾荷役事業免許取得。
    1996年平成8年
    株式会社グリーンケア設立。
    日本鋪道(現NIPPOコーポレーション)・グリーンケア共同「はんしんアスコン」稼動。
    (年産18万t アスファルト リサイクルプラント)
    1997年平成9年
    妹尾 隆代表取締役会長に就任。妹尾 貴之代表取締役社長に就任。
    1998年平成10年
    セオ商事(株)甲子園物流センター竣工。
    1999年平成11年
    ISO14001(環境ISO)認証取得。
    2002年平成14年
    蘇州旭隆機件有限公司設立。(中国蘇州・旭ゴム株式会社との共同出資)
    2003年平成15年
    (株)グリーンケア 特定労働者派遣事業届出受理(特28-030049)。
    2004年平成15年
    安全性優良事業所認定証取得。
    2006年平成18年
    セオ商事(株)今津物流センター竣工
    旭貴(上海)貿易有限公司設立。(中国・上海現地法人)
    2008年平成20年
    SAS Engineering Co.,Ltd.設立。(タイ・アマタナコーン現地法人)
    2009年平成21年
    Siam Nissin & Seo Logistics Co.,Ltd.設立(同上 現地法人)
    2010年平成22年
    SNS Logistics Co.,Ltd.設立。(同上 現地法人)
    2013年平成25年
    セオ商事(株)特定労働者派遣事業届出受理(特28-303116)。
    2014年平成26年
    セオ運輸(株)桜島物流センター竣工。
    2016年平成28年
    セオ商事(株)改正派遣業法に係る派遣許可を取得しました。(派28-300865)。
    ページのトップへ戻る